• 診療時間
    平日 9:00~12:30 / 14:00~18:30
    土曜 9:00~12:30 / 13:30~17:00
    休診日
    木曜・日曜・祝日

入れ歯治療

入れ歯治療について

一般的な入れ歯治療は健康保険が適用できるため、装置がリーズナブルなお値段で製作可能です。また、保険の範囲内でメインテナンスなども対応しています。一方で、「より食事を美味しく楽しみたい」「違和感を抑えた入れ歯が欲しい」「入れ歯をしていると気づかれたくない」といったご要望をお持ちの方には、オーダーメイド義歯(自費治療)がおすすめです。自費の入れ歯は材料や治療法に制限がありません。当院では自費治療の入れ歯も数多く取り揃えておりますので、患者様のニーズに合わせて、さまざまなタイプをご提案可能です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 入れ歯が痛い
  • 入れ歯でうまく噛めない
  • 健康な歯を削りたくない
  • 異物感が強く吐き気がする

ご希望に合わせた適切な
入れ歯をご提供

入れ歯は大きく分けると、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。一部の歯だけを失い、他の歯が健康な場合は「部分入れ歯」を用いるのが一般的です。一方、歯がすべて抜けてしまっている状態だと「総入れ歯」となります。
また、それぞれ保険と自費に分かれます。症例ごとに費用面などは変わってくるので、当院では患者様一人ひとりのご要望を汲み取り、適したプランを提案いたします。

総入れ歯

総入れ歯は全部の歯が抜けている場合に使用されます。
総入れ歯は基本的に、人工歯と歯ぐきの代わりになる床から構成されます。

部分入れ歯

部分入れ歯は、1本、もしくは数本だけ歯が抜けており部分的に人工の歯を入れる必要がある場合に使用されます。
人工歯や床、クラスプと呼ばれるもので構成されています。
留め具であるクラスプの有無などで保険適用の可否が分かれます。

入れ歯の種類

レジン床義歯(保険適用)

レジン(プラスチック)を素材とする入れ歯で、保険適用の対象です。
強度や大きさに難がありますが、壊れたときに簡単に修理できるというメリットがあります。

金属床義歯 (保険適用外)

保険適用外の入れ歯で、歯肉に相当する床の部分が金属で作られています。金属なので耐久力があることから、薄く作製できて、フィット感にも優れています。また、熱伝導に優れているため、食事の熱が伝わり、食事の楽しさが増すのもメリットです。一方で不具合が起こった際は、保険の入れ歯よりも修理に時間がかかります。

Meritメリット

  • 強度が非常に高く壊れにくい
  • 粘膜に触れる床部分が薄く、装着時の違和感や圧迫感が少ない

Demeritデメリット

  • 自費診療になり、保険診療の入れ歯よりも費用が割高
  • 金属アレルギーの患者様には適していません

ノンクラスプデンチャー(保険適用外)

保険適用外の入れ歯で、装置を固定する金属バネ(クラスプ)がないタイプです。
金属アレルギーの心配がなく、外から見ても入れ歯を使用しているとほとんど気づかれません。また、軽くて弾力性のあるプラスティック系のナイロン素材で作られてます。床の部分が薄く作製できて、入れ歯の安定感も実感できるので多くの方に好評です。

Meritメリット

  • 金属の留め具がないので目立ちにくく、自然な見た目を演出できる
  • 金属を一切使用しておらず、金属アレルギーの患者様も安心

Demeritデメリット

  • 保険が適用されないので、治療費がかかる

磁性アタッチメント(保険適用外)

磁石を利用して、装置を安定させるタイプの入れ歯です。
使用する磁石は強力なタイプなので、強く噛むことができます。適用症例は限られていますが、磁石が見えることもないので、審美性にも優れています。もちろん取り外しも容易なことから、お手入れも簡単です。

Meritメリット

  • 入れ歯がはずれたりする可能性が低くなる
  • 状況により入れ歯の大きさを小さくすることができる

Demeritデメリット

  • 歯がないとできない
  • 保険が適用されないので、治療費がかかる

料金案内

レジン床義歯 保険適用
金属床義歯(総入れ歯) ¥275,000(税込)
ノンクラスプデンチャー ¥121,000(税込)/装置
※1歯増えるごとに¥11,000(税込)加算
磁性アタッチメント ¥66,000 / 装置

入れ歯治療の後は
定期検診へ

入れ歯は、日々の丁寧なお手入れや歯科医院でのメインテナンスを続けることで、長く快適にご利用いただけます。これは保険や自費に関わらず大切なことです。もし、汚れが残っていると、嫌な匂いが発生したり、装置が劣化したりする要因になってしまいます。また入れ歯は使っているうちに、装置が合わなくなってくることもあります。これらは口腔内のトラブルの原因に結びつくので、定期的に歯科医院に来院してメインテナンスを受けましょう。